top of page
検索
  • 執筆者の写真Junko Koda

本日4/27スタート「相続土地国庫帰属制度」

令和5(2023)年4月27日に施行されました。

相続した土地について、手放したいというニーズを汲んで創設されました。


ニーズには、

「遠くに住んでいて利用する予定がない」、

「周りの土地に迷惑がかかるから管理が必要だけど、負担が大きい」

といった理由が挙げられています。

他には、

「田舎で(駅からも遠くて)売れそうもない」、

「建っている家が古くて賃貸には出せないし、建て替えるお金もない」

といったこともあるかと思います。


そんなこんなで現在、お亡くなりになった方名義のままの土地・建物が結構あるようです。

時間が経つと、誰が相続したのか・相続人はどこに居るのかもどんどん分からなくなって

事実上「所有者不明土地」となっているのですね。


今は“事実上”ですが、来年(令和6年)4月1日相続登記の申請義務化が施行され、

形式上も「所有者不明土地」となってしまいます。

国民に義務化するということは、取り締まる方も管理義務が生ずるので、

前もって「所有者不明土地」となることを予防したいのだと思います。


申請者になれるのは相続人だけです。

共有の場合は、共有者の中に相続人がいて、その相続人と共同して申請すれば、相続人以外でも申請者になることが可能です。


申請時に納付する審査手数料は14,000円、

承認された場合に国に支払う負担金は、原則20万円ですが、例外もわちゃわちゃあります。

上記の他にも、引き取ってもらえるのは土地だけなので、

建物が建っていたら解体費用が掛かりますし、地上・地下に物があれば廃棄する必要があります。

写真等を提出するのに、現場へ行く旅費交通費なんかも掛かってくるかもしれません。


引き取ってもらえる土地には、クリアしなければいけない要件もあったり、

トラブルや、他人様の何かしらの権利がくっ付いているものもNG!と、

様々な確認事項がございますので、もしも具体的にお悩みの土地がありましたら、

先ずは法務局に予約を取って相談に行かれてください。


申請者ご本人、法定代理人(未成年後見人、成年後見人等)以外に、

私たち行政書士、それから司法書士さん・弁護士さんも、申請の代理人となることが認められていますので、

「誰かに頼みたい」と思われる方は、弁護士、司法書士、行政書士へご相談ください。


最新記事

すべて表示

東京都 物品買入れ等 入札参加資格取得の流れ(初めての方)

①「電子証明書」と、それを読みこむための「ICカードリーダ」をそれぞれ購入する ⇩こちらに載っている電子認証局から電子証明書を購入。2週間くらい掛かります! コアシステム対応認証局お問合せ先一覧 ② 電子証明書を利用するための準備を行う “ (2)必要な機器等(パソコン、ソフトウェア等)の用意 ” “ (3)申請に利用するパソコンへの、電子証明書を利用するための環境設定 ” ➂ 令和5年度用 随時

事務所の名称変更と移転をしました

2024年2月1日より、事務所名を J’s行政書士事務所から こうだ行政書士事務所へ変更しました。 少し舌足らずなところがあるので、お電話をいただいたときに 「じぇいず・・・」がうまく言えないな💦と思っていたので この度の事務所移転と併せて、事務所名称も変更しました。 行政書士は、試験合格後、 日本行政書士会連合会に申請し登録されてはじめて行政書士となれるのですが 登録情報を変更した際には、変更

Comments


bottom of page